私が藍食人です 藍に出会い、藍を食す。

 

 昔 異国の民が日本を訪れた際、日本のいたる所にあった青(藍)の神秘的な美しさに

   心を打たれ、絶賛したそうです。

             その青、蓼藍の生産を担っていたのが私が生まれ育った、粟(阿波)徳島でした。

             藍は、徳島にそれはそれは豊かな富と文化をもたらしました。

             しかしその恩恵をもたらしてくれた蓼藍の生産も、年々減少し続けています。

             私は現在、薬局業である『(株)ボン・アーム』の代表ですが、その中には“食べる藍”の

             情報を発信し、またその商品開発をしている「vegifull事業部」という部署があります。

             「藍商人は病気知らず」と言われていたように、江戸時代の藍商人達は 長旅の"お守り"

             として常に藍を懐にしのばせ、お腹を壊した時などに食し難を凌いでいました。

             近年では蓼藍の研究も進み、様々な疾患の原因とされる活性酸素を除去する

             抗酸化物質(藍ポリフェノール・フラボノイド)や、殺菌物質である(トリプタンスリン)が含まれている

             事が、科学的にわかっています。

             食用藍がスーパーフードとして、世界に拡がる日も近いかもしれません。

 

                                           藍食人 三谷 芳広

  

 

 

 

      

     阿波藍のはじまり 

 

    徳島(阿波)の北方 といわれる吉野川流域の農村は、日本最大の藍作地帯として知られて

    いました。平安時代初期に”荒妙”という布地を織っていた阿波忌部氏が栽培したのが起源で

    ある、とする伝承があります。

                 最古の資料は、宝治元年(1247)に町内の見性寺を開基した翠桂和尚が、その頃寺にあった

               美馬郡岩倉(脇町)の寺地染葉(藍)を栽培し、衣を染めた事を記した「見性寺記録」です。

                                              その後に藍作は下流地域一帯に広がり、文安2年(1445)には大量の葉藍が阿波から兵庫の

                                              港に荷揚げされたことが『兵庫北関入船納帳』に記録されています。

                                              戦国時代までの阿波では、葉藍を水に漬けて染め液をつくる沈殿藍の技術しかなかったのです

                                              が、天文18年(1549)に三好義賢が上方から青屋四郎兵衛を呼び寄せ、すくもを作った染めを

                                              始めると共に すくもの製法も伝えたので、この阿波の地は全国的な藍の大産地となりました。

                                        

                                        (藍の館:「みよしき」による)

 

 

 

 

      

     阿波藍繁栄の名残 

 

    ●藍園村(現:藍住町)・・・かつて藍の栽培が盛んだった事に由来

   

    ●紺屋町・・・染物商(紺屋)が多く住んでいた事に由来

                                             

                                               ●藍場町・藍場浜・・・河川を利用し、徳島の村々で産出された葉藍・藍玉などが

                            積み降ろされた場所に由来

                 

                                               ●脇町・・・豊かな商人の多くが藍に傾倒し、阿波藍の中心地でした。

                     現在”うだつの町並み”として残っている脇町の南町が最も

                     栄えた通りで、現在もそのまま残っています。