蓼藍の生葉染め

 | 

皆さん、こんにちはニコニコ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

徳島の特産ビックリマーク

蓼藍で簡単に生葉染めが体験できる

と言うことを知りましたよつば

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まずは生葉を手に入れることから

始めないといけませんが、

蓼藍の収穫時期は夏なので

今は例外です真顔

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

生葉染めにご興味のある方、

今から楽しみに妄想してください。。ニヤニヤ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自宅で生葉染めをされている方が

記事をUPアップしているのを

いくつか見つけました音譜

 

 

 

 

 

 

 

生葉染めの染料ですが、

多少手法は違えど簡単クラッカー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ポイントは、

 

暑い晴れた日に行うのが良い合格

 

手が染まりたくない人は

ゴム手袋着用(笑)

 

 

 

生地を(綿)染めやすくするために

消石灰や、ハイドロサルファイト(還元剤)を

使用している方もいましたが、

使用しなくてもキレイに染まっている方が

多くいました音譜

 

染まりやすくするために、

人肌に温めた染料を使用している方もいましたよ花

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

染料ですが、

結構目安分量で作られていますニコニコ

 

 

 

 

 

藍の生葉 20〜60gに対し、水500ml

(染める布の4〜5倍の重さ)
をベースとさせていただきますすまいるはーと

 

 

 

 

 

 

 

収穫した葉を細かくちぎる。

水と一緒にミキサーにかけてさらに細かくする。

 

 

 

 

ネットやガーゼなどで濾し、

染料を洗面器等の容器に移す。

 

 

 

 

別の容器器に水をはって準備しておく。

 

 

 

 

 

 

染料の中に布を入れて、10分程度浸けこみます

 

染め時間もまちまちで、10~30分つけてますね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

染料に浸したら

水の入った洗面器の中ですすぎます

 

 

 

 

 

 

すすいだ布を取り出し、空気に触れるように広げる

鮮やかな水色に染まっていれば完成ハート

 

色が薄い方は、4~6の作業を繰り返し行ってください

 

 

//www.beauty-co.jp/news/dbn/trend/DB003561/

 

 

 

生葉染めをチャレンジした事がないので

素材画像が私のものでないのが

申し訳ありませんが、

今年の夏、是非ともチャレンジして記事にします!!

(断言)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA