☆藍の栽培4☆

 | 

こんにちはニコニコ

 

今日は、ちょうど今の時期に行われていた

昔の藍の栽培の様子をご紹介します双葉

 

双葉藍葉刈り

 

7月下旬から8月下旬にかけて、葉藍を収穫

1反(300坪※畳、約600枚分)の畑を

男性2人、女性3人ほどで作業をするそうです

炎天下の中を手作業で、、心が挫けそうです滝汗

 

 

双葉夜切り

 

大きな作品なので2カットで

 

収穫した葉を、夜の内に切り刻むはさみ

朝まで置くと、葉が乾燥するので

徹夜で作業を行う

そのため、作業名が「夜切り」と

名づけられたそうです

 

江戸時代の作り手さんに負けないくらい

心を込めて食べる藍商品を提供しています真顔

 

そんな食べる藍シリーズ、

ご興味のある方はcheckしてみてくださいラブ

下矢印下矢印下矢印

https://www.aisyokunin.com/shop

 

sao☆ちょっと小話sao☆

― 冷房で

 

 

ご閲覧ありがとうございました晴れ

今日も爽やかな一日をSkypeキラキラ

 

じゅんニコニコ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。